≫ カリビアンコムの口コミを確認する

NETFLIX全裸監督は「村西とおる」の実話を描いたドラマ。あらすじ・ネタバレを解説。

うぶ男

  • 全裸監督って実話なの!?
  • 全裸監督のざっくりしたあらすじ・ネタバレが知りたい。

本記事は、上記のように全裸監督って実話なの?とつい気になってしまったあなたに向けて書いています。

こんにちは!こんにちは!ゴウ(@onlive_official)です。

いつもは会社で服を着ていますが、夜になるといつもパンツを脱いでいる私ですw

さて、只今話題の山田孝之主演のNETFLIXオリジナルドラマ「全裸監督」が気になっている男性、または女性は多いでしょう。

私も、つい気になってしまい、2日間で一気に8話を見てしまいました。

そして、結論を先に言ってしまうと、久しぶりにドラマに夢中になるほど面白かったです。

この記事を読めば、全裸監督とは一体どのようなドラマなのか?あらすじ・ネタバレ、実話なのかどうかを知ることができますよ。

1. 全裸監督は「村西とおる」の実話を描いたドラマ。あらすじ・ネタバレ解説。

さて、全裸監督はAV監督の「村西とおる」の人生・実話を描いたドラマ(全8話)です。

ちなみに「村西とおる」とは以下のような人物です。

村西 とおる(1948年9月9日 – )は、日本のAV監督。本名、草野 博美。福島県いわき市出身。ハメ撮りの帝王の異名を持つ。

前科7犯、抱えた借金50億。「昭和最後のエロ事師」顔射、駅弁、ハメ撮りの元祖

引用:ja.wikipedia.orgtwitter.com/Muranishi_Toru

村西とおるの紹介文を見ただけでも、いかに波乱万丈な人生を送ってきたのかがわかります。

そして、全裸監督では、そんな村西とおるの以下の実話の物語が描かれています。

全裸監督のあらすじ
  1. 村西とおるがAV監督になるまで
  2. 村西とおるのAV監督としての活躍とAV業界の闇

ちなみに、私は30代前半ですが、村西とおるを知りませんでした。

恐らく、村西とおる作品を見て育った年代は40代~50代の方々ですね。

ただ、村西とおるのことを知らない私でも楽しめる作品でした。

具体的に一つずつあらすじを解説していきます。

 

1-1. 村西とおるがAV監督になるまで

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroki“Peter”Moriさん(@peter_mori)がシェアした投稿


まず、全裸監督の第1話~第3話までは村西とおるがAV監督になるまでの実話に基づく半生が描かれています。

AV監督になるまでの村西とおるの人生は以下の通りです。

第1話~第3話のまとめ
  • 村西とおるは元々英語教材のセールスマンだった。
  • 英語教材のセールスでトップ営業マンまでのし上る。
  • ところが、会社の金を上司が持ち逃げし、職を失う。
  • さらに妻と子2人に恵まれていたが、妻が郵便局員の男と不倫。
  • 不倫された上に、妻に「1回もあんたでイッた事ないのよ!」という暴言を浴びせられる。
  • そんな時に、すすきののスナックでこれからの相棒「トシ」と出会う。
  • そして、村西とおるが「ビニ本(ビニールに入ったエロ本)」と出会う。
  • ビニ本に目を付け、ビニ本で起業する。
  • トップ営業マンのスキルを活かし、本屋をチェーン展開する。
  • さらにエロを追求するため「無修正のビニ本」を手掛け、さらに売上を上げる。
  • この時、村西とおるのAV会社の社長になる「川田」と出会う。
  • 「無修正のビニ本」の販売が警視庁にバレ、村西とおるは指名手配される。
  • 札幌から東京へ渡り、逃走生活を続けるも仲間に裏切られ逮捕。
  • 服役中に時代は進み、ビニ本からアダルトビデオへと変わる。
  • 拠点を札幌から東京に移し、村西・トシ・川田の3人はアダルトビデオの制作に乗り出す。
  • AVメーカー「サファイア映像」の発足。

ざっと箇条書きにしただけでもこんな感じです。

読んでいただけるとわかる通り、ドラマ前半だけでも凄いストーリー展開となっており、実話とは思えませんでした。

第1話~第3話という短いスパンで成功→挫折のスパンが描かれていましたので。

 

1-2. 村西とおるのAV監督としての活躍とAV業界の闇

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ami Tomite冨手麻妙さん(@amitomite)がシェアした投稿

第4話~第8話は村西とおるがAV監督として活躍している実話が描かれているとともに、「かつてのAV業界の闇」が描かれています。

第4話~第8話のまとめ
  • 最大手のAVメーカー「ポセイドン」と警視庁が裏で繋がっていた。
  • 村西とおるがポセイドンのAV女優をスカウトし、本番出演を出演させる。
  • ポセイドンはそのAV女優を警察と週刊誌に密告し、社会的に抹殺する。
  • さらに、ポセイドンが業界のAV女優に村西作品には出演しないよう裏で圧力をかける。
  • さらにさらに、ポセイドンがビデオ規制委員会を設立し、モザイク規制を徹底する。
  • その裏で、ポセイドンは無修正ビデオの製作・販売を行っていた。
  • そして、規制委員会が村西作品の販売中止と流通ストップという圧力が加えられる。
  • そんな時、村西とおると黒木香が出会い、AV出演を志望する。
  • しかし、黒木香の母親が販売中止を求め、村西とおるはその意向を受け入れる。
  • 村西のサファイア映像は倒産の危機に。
  • 一発逆転を目指し、ハワイで「ハリウッドポルノ作品」に動き出す。
  • 撮影は成功したものの、FBIに監視されていた村西とおるが逮捕され、懲役370年が言い渡される。
  • サファイア映像のメンバーは村西とおるの保釈金集めに走る。
  • そんな中、規制委員会はビデオ販売店に「サファイア映像」の作品を販売しないようにと裏で圧力をかける。
  • 黒木香が村西とおるの保釈金のために自身のお蔵入りとなった作品を販売して欲しいと懇願する。
  • そして、その黒木香のアダルトビデオが大量に売れ「5000万円」が集まる。
  • また、トシがヤクザにサファイア映像の過去のアダルトビデオのマスターテープをヤクザに売り、保釈金1億円が貯まる。
  • 村西とおるが出所し、AV作りを再開する。
  • しかし、相棒だったトシが薬漬けとなっており、サファイア映像を離れる。
  • その後、トシはヤクザの仲間になる。
  • 村西とおると黒木香はメディア露出を増やし、さらに知名度を上げていく
  • 昭和から平成に変わるタイミングで、ポセイドンと組んでいた警視庁が裏切り、ポセイドンと無修正ビデオに関わっていたヤクザを摘発。
  • トシも捕まってしまう。
  • 村西とおるはその後もアダルトビデオの製作を続ける。

第4話から第8話は、村西とおるの波乱万丈な人生の続きとさらにAV業界の闇に触れられていて非常にスリリングな展開となっていました。

特にAV業界の闇の部分で警視庁とAV最大手メーカー、さらにはヤクザが繋がっていて、裏ではAVメーカーが手動となって無修正ビデオを日本で流通させていたのは驚きでした!

そんな村西とおるの人生の実話が基になっているのが「全裸監督」です。

 

 

2. 全裸監督の見どころの「絡みシーン」

ここからは、私がエロいと感じた絡みシーンをご紹介します。

個人的には以下のシーンが特にエロかったです。

 

2-1. 第3話の飲み屋の女将と村西とおるの絡みシーンがエロい!


第3話で出所してきた村西とおるが飲み屋の女将と良い雰囲気になりセックスするシーンがありますがこれがまたエロい。

この女将の旦那は亡くなってしまっているのですが、元国鉄マン。

女将さんの自宅で良い雰囲気になりセックスを始める2人ですが、その女将さんから村西とおるに立って入れてと要望する。

これが「駅弁」が生まれた時のストーリーとして描かれていました。

元国鉄マンだった旦那は駅弁を売るかのように、この女将さんを抱いていたという事らしいです。

駅弁の由来はそんなことだったようですw

 

2-2. 第5話の村西とおると黒木香の絡みシーンがエロすぎ!


第5話には、村西とおると黒木香の絡みシーンがあるのですがこれがエロすぎです。

普通にAVですw

しかも、それを演じているのが「山田孝之」と22歳の女優「森田望智」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

森田望智 Misato Moritaさん(@misatomorita_official)がシェアした投稿


ちなみに、森田望智は土屋太鳳や二階堂ふみと同じソニーミュージック所属のバリバリの清純派女優です。

そんな清純派女優が魅せるおっぱい丸出しのセックスシーンはマジでエロすぎです。

普通にヌケるレベルなので、気になる方は是非NETFLIXで視聴することをおすすめします。

ちなみに、村西とおると黒木香の絡みシーンの本物バージョンがYouTubeに一部アップされていました。

 

また、以下のシーンも「全裸監督の第8話」の中で完全再現されています。

 

3. 全裸監督のキャスト・演技が素晴らしかった。

私も久しぶりにドラマに夢中になったわけなのですが、何といっても全裸監督に出演しているキャスト、そして演技が素晴らしかったです。

特に私が良かったと思うのは以下の3名です。

良かったキャスト3名
  1. 山田孝之
  2. 森田望智
  3. 満島真之介

 

3-1. 山田孝之

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田孝之さん(@takayukiyamadaphoto)がシェアした投稿


全裸監督は、何といっても村西とおる役の山田孝之ですね。

ぶっちゃけ、全裸でのセックスシーンが何度も出てくるわけで、普通に腰振ってるし、これは山田孝之じゃないとできないなと圧巻でしたw

この作品を見れば、さらに山田孝之が好きになること間違いなしかなと。

 

3-2. 森田望智

 

この投稿をInstagramで見る

 

森田望智 Misato Moritaさん(@misatomorita_official)がシェアした投稿

先ほどもご紹介した黒木香役の森田望智です。

初めて森田望智を見ましたが、マジで色っぽいんですよ。

若干、22歳でこの色気。

AVばりのセックスシーンをやってのけてしまう点がまさに圧巻でした。

そして、映像中に出てくる脇毛はしっかりと生やしたものだという事です。

 

3-3. 満島真之介

 

この投稿をInstagramで見る

 

満島 真之介 Shinnosuke Mitsushimaさん(@mitsushimax)がシェアした投稿


地味に好きだったのが、トシ役の満島真之介です。

チンピラ風の役が良く似合っていて、薬にハマってヤクザの世界に行ってしまうシーンはとても悲しかったです。

満島真之介は名脇役として徹していましたね。

 

まとめ

今回は、実話をもとに描いた「全裸監督」のあらすじとネタバレをお話してきました。

冒頭でもお話した通り、私は全裸監督を見て、久しぶりにドラマに夢中になりました。

なので、個人的には是非多くの方に見ていただきたいなと考えております。

間違いなく「全裸監督」はおすすめのドラマ作品です。

※30日間は無料で視聴することが可能です。

 

また、村西とおるが出演・監督するAV作品・アダルト動画を以下の記事でまとめてみましたので気になる方はご覧ください。

巨匠「村西とおる」の監督・出演AV作品・アダルト動画を20本集めてみた【まとめ】